Profile
ブログ以前のメッセージ(2006年10月8日以前) 18  17  16  15  14  13  12  11  10                 
←応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ←できればこちらも
■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<<前月 2021年10月 次月>>
■最近の記事■
■最近のコメント■
■分類■
■すべての記事■
■HPコンテンツ■
■使用ソフト■
BLOGN(ぶろぐん)
■その他■
 

人口移動
次のようなニュースがある(時事通信 4月28日)
総務省は28日、住民基本台帳に基づく2007年の都道府県別の人口移動状況を発表した。地方から首都圏を中心とした大都市への人口集中が加速しており、転出が転入を上回る転出超過となったのは、北海道(2万267人)、青森(1万274人)、長崎(1万64人)など40道府県に上った。

移動状況によると、都道府県を越えて転入・転出した日本人数は、全人口の2.05%で、12年連続で減少した。

しかし、地方からの転出は増加。転出超過人数が人口に占める割合は、30道府県で06年を上回り、0.73%の青森を最高に長崎(0.70%)、秋田(0.61%)、高知(0.58%)の順に高かった。

転入が転出を上回ったのは、東京、神奈川、愛知、千葉など7都県。転入超過の割合は、東京都が0.76%で最高だった。
青森県の1万274人の中に、私に近しい人も含まれている。これはまったく仕方がない。まず仕事がない。あっても賃金が安い。話しを聞くと考えられないほど額である。おまけに、労働基本権などほとんど守られていない。使用者側のやりたい放題である。それでも文句が言えない環境である。最低賃金が全国でも最低クラス。働いても働いてもその日の生活を支えるのがせいいっぱい。まさにワーキング・プアである。

おまけに、現在の政府の公務員政策は、中央に厚く地方に薄くである。地方にいる国家公務員の給与がよければ、少しは地方の景気を刺激することになるかも知れないが、それも望めない。

地方の貧困化はますますすすんでいる。この津軽に住んでいると、それがはっきり見える。では、どうすればよいのか。結局政治の力しかないのだが・・・しかし、政権が変わったからと言って解決するのかどうか・・

小沢総理が誕生したら、お隣の岩手県だけはよくなりそうな気はするが・・・

----------------------
で、アナグラムだが

橋本龍太郎→タモリは老醜と(最近テレビを見て思うことがある)
・・・と言うわけで、考え出したらやめられなくなるので、アナグラムはこれでおしまい。

| 社会 | 12:48 PM | comments (3) |
にほんブログ村 教育ブログへ
ご無沙汰しております。

毎シーズン、鯵ヶ沢へ雪山板滑に行っておりますが、
その際にコンビニで目にするアルバイト募集の時給額に
いつも心を痛めています。

北東北には雪山板滑の仲間が数人おりますが、
彼らとメールを交換すると胸が痛くなることもしばしばです。

特に岐阜・三重・愛知の東海3県に比べると
賃金だけではなくガソリン価格にも格差があるようですね。


こんなことが続いていると、
いつか都市圏には大きな大きな災いがくるような気がして
それはそれで怖いです。
| shin | URL | | 1970/01/01 09:00 AM | kzvuT1Qo |

石川さん

私は、決して高給取りではありませんが、こちらの方の話を聞いていると罪悪感さえ感じてしまいます。店も次々に閉店していきます。何が出来るのでしょうか。

>毎シーズン、鯵ヶ沢へ雪山板滑に行っておりますが、
>その際にコンビニで目にするアルバイト募集の時給額に
>いつも心を痛めています。

そのコンビニさえ、立ちゆかなくなっているところが出ています。
昨日も、「あっ、コンビニがない!」という経験をしました。

ところで、鰺ヶ沢まで来られるのなら弘前ににも寄ってくださいね。
| 吉田孝 | URL | | 1970/01/01 09:00 AM | d2tgLU0c |

初めまして、アメリカ留学のブログを書いてる者です。今後の記事更新の参考にさせてもらいたいと思って見させてもらいましたけど、楽しませてもらいました(笑)次の記事更新を楽しみにしてます☆応援してますのでクリックしておきますw頑張って下さいね。
| アメリカ留学 | URL | | 1970/01/01 09:00 AM | lF.NOZDA |











 
PAGE TOP ↑