Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd211/www/jp/r/e/gmoserver/1/8/sd0693418/takashiyoshida.com/cgi-bin/takachan/index.php on line 3103

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd211/www/jp/r/e/gmoserver/1/8/sd0693418/takashiyoshida.com/cgi-bin/takachan/index.php on line 3103

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd211/www/jp/r/e/gmoserver/1/8/sd0693418/takashiyoshida.com/cgi-bin/takachan/index.php on line 3103

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd211/www/jp/r/e/gmoserver/1/8/sd0693418/takashiyoshida.com/cgi-bin/takachan/index.php on line 3103

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd211/www/jp/r/e/gmoserver/1/8/sd0693418/takashiyoshida.com/cgi-bin/takachan/index.php on line 3103

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd211/www/jp/r/e/gmoserver/1/8/sd0693418/takashiyoshida.com/cgi-bin/takachan/index.php on line 3103

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd211/www/jp/r/e/gmoserver/1/8/sd0693418/takashiyoshida.com/cgi-bin/takachan/index.php on line 3103

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd211/www/jp/r/e/gmoserver/1/8/sd0693418/takashiyoshida.com/cgi-bin/takachan/index.php on line 3103

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd211/www/jp/r/e/gmoserver/1/8/sd0693418/takashiyoshida.com/cgi-bin/takachan/index.php on line 3103

Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /export/sd211/www/jp/r/e/gmoserver/1/8/sd0693418/takashiyoshida.com/cgi-bin/takachan/index.php on line 3103

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /export/sd211/www/jp/r/e/gmoserver/1/8/sd0693418/takashiyoshida.com/cgi-bin/takachan/index.php:3103) in /export/sd211/www/jp/r/e/gmoserver/1/8/sd0693418/takashiyoshida.com/cgi-bin/takachan/index.php on line 3749
ひねくれ教育日誌::メディア


 Profile
ブログ以前のメッセージ(2006年10月8日以前) 18  17  16  15  14  13  12  11  10                 
←応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ←できればこちらも
■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
<<前月 2018年07月 次月>>
■最近の記事■
■最近のコメント■
■すべての記事■
■HPコンテンツ■
■使用ソフト■
BLOGN(ぶろぐん)
■その他■

討ち入り
昨日12月14日は、赤穂浪士の吉良邸への討ち入りの日(太陽暦では1月30日だが、そんなことはどうでもよい)。いまから306年前のことである。

この時期になると、テレビでもこの赤穂浪士の討ち入りにちなんだ番組が放映される。昨日は、テレビ朝日で田村正和主演の「忠臣蔵 音無しの剣」というドラマをやっていた。これはつまらないドラマだった。それ以上に主役の下手なこと。大根役者とはこういう人のことをいうのだろう(と言いながら最後まで観てしまった)。

もうひとつは、NHK教育で毎週木曜日に放送している「知るを楽しむ 歴史に好奇心」。12月は「ナナメ読み忠臣蔵」。江戸時代の研究者で多くの著書を出している山本博文氏が監修しているようだ。この番組のテキストを浅野家や浪士ゆかりの赤穂市にある高光寺住職の三好一行氏が送ってくださった。三好氏とは10年ほど前から懇意にさせていただいている。三好氏はこのテキストに「文久事件」という赤穂をめぐるもう一つのあだ討ち事件のことを書かれている。この文もとてもおもしろかった。私は勉強不足でこの話しはまったく知らなかった。 

さて、討ち入りの話しである。この討ち入りが義挙か暴挙かを今論じてもあまり意味がない(歴史を正しく認識することは必要だが、現在の視点で裁いても何の意味もない)。私がおもしろかったのは、第2回目の「手紙が語る愛のジレンマ」である。大石内蔵助をはじめとする浪士たちの、母、妻、妾に対する思い、そして母、妻、妾たちの思いを描いている(「妾とはけしからん」という人は、今の視点で歴史を裁く人である)。

例えば、大高源吾源五は江戸に下るにあたって母親に次のような意味の手紙を送っている。
「さすがに常々御覚悟なさっている母上様だけあって、私のことをあきらめなさって、嘆くどころかかえって心強い御勧めもいただいたことは、本当に現世での仕合わせ、来生での喜びで、何にも勝る励ましでございました」(上記テキスト,p36)

気丈な母親だったことがわかる。しかし、この源吾源五の母は、浪士切腹のあと内蔵助の妻りくに送った手紙に次のようなことを書いている。
「御手紙の通り、しだいにしだいに心ほそくは感じておりますが、いつも申しあげております通り、天下に名を残して死んだことを、息子をあきらめる力として、日々を送っております。もちろん、こうなることは最初からよくわかっておりましたが、一日中、息子のことを思い出しながら暮らしております」
「あの子は、若いといってもよほどの歳(吉田注・32歳)になります。わたくしは、若くしてなくなった主税様(内蔵助の長男)の事だけが、いつも残念でたまらず、御いたましく存じております」(同 p.38)
自分自身がつらいだろうが、さらに16歳の主税をなくしたりくの心を思いやっている。これはフィクションではなく現存している手紙である。これが涙なくして読めようか。

こちらは番組もテキストもよくできている。

| メディア | 06:06 AM | comments (0) |
にほんブログ村 教育ブログへ
「老い」と向き合う
昨日はテレビ三昧

朝日系の新番組「報道発 ドキュメンタリ宣言」が良かった。
昨日は、「消えゆく妻の記憶」。俳優の長門裕之・南田洋子夫妻を描くドキュメンタリーである。ドラマに出ていた頃の華やかな面影は消えて記憶障害が進行していく無惨な姿の妻。必死で看護する夫。「洋子の記憶を集めても集めても手のひらからこぼれ落ちていく。今日の洋子は明日いない。今の洋子を残したい」。涙が止まらなかった(全然関係ないが、長門裕之って、桑田佳祐とよく似ているなあ。というより、サザンがデビューした頃、桑田って長門裕之とよくにているなあと思ったものである)。

「老い」は誰にもやってくる。家族に、自分に・・・
私の母は75歳で亡くなったが、「痴呆」がはやくから来ていた。しかし私はこの母の老いとまっすぐに向き合うことができなかった。老いてわがままばかり言う母を「自分勝手」だと思った。だから、きちんと向き合わず逃げることばかりしていた。少しでも、もう少しきちんと向き合えば、「痴呆」の進行はゆっくりだったかもしれない。

私の母は比較的はやく亡くなったが、私と同世代の人にちょうど同じような親を抱えている人はたくさんいるはずだ。ある親友は老いのすすんでいく両親としっかり向き合って、それでも仕事をこなし活躍している。私とは全然違う。後悔先に立たずである。

そして今度は自分たちの番である。今度は目をそむけずに、自分の老いとしっかりと向き合うことができるだろうか。

| メディア | 07:57 AM | comments (2) |
にほんブログ村 教育ブログへ
島根
今日も、ホームページを見に来てくださってだんだん。

ちょっと書くのがはずかしいのだが、実はマナカナフアンなのである。
将棋が好きなので、1996年度下半期のNHK朝ドラ「ふたりっ子」を見て以来、この二人には注目してきた。

いろいろ注目された。朝ドラではじめてのベッドシーン(それほどどぎつくはないが)、ヒロインの離婚。佳奈が演じた少女時代の香子(大人になってからは岩崎ひろみが演じる)が奨励会を通過してプロ棋士になりタイトルに挑戦するという話である。いつかこの話が現実になってほしいと思っていた。しかし、実際のプロの将棋の世界に「女流棋士」はいるが、女流の「棋士」は生まれていない。

茉奈の演じた麗子のほうの話は少しもおもしろくなかった。まっすぐな性格の香子※に比べると麗子のほうはかなり性格が悪い。よくこんな性格の悪いヒロインをつくったなあと思っていた。

※将棋の香車はまっすぐ前にしか進めない。「香子」はまっすぐ一直線で歩く子という意味である。私も、まっすぐに一直線で歩きたいと思い、バッグには香車をぶらさげている。センスいいでしょう。


というわけで扇子は、升田幸三の「新手一生」である。


また、話がそれた。すこしもまっすぐじゃなくて、蛇行するのが私の悪いところである。
話をもとに戻して、あれから12年。マナカナも今春彼の大学を卒業し22歳だそうである。
「だんだん」は島根県松江市が舞台でもある。若い頃中四国教育学会という学会に入っていて、1度だけ松江に行ったことがある。どじょうの躍り食いをしたのを覚えている。

「だんだん」を見ていると、一度ゆっくり山陰を旅してみたくなる。城之崎、鳥取、米子、松江、出雲、浜田と、山陰本線に乗って。ついでに隠岐にも行ってみたい。竹島は無理だろうか。

| メディア | 07:45 AM | comments (2) |
にほんブログ村 教育ブログへ
Skype
K氏の紹介で Skype を使いはじめた。
インターネットによる電話システムである。加入は無料。加入者同士なら通話は無料。固定電話や携帯電話へも格安でかけられる。

IPフォンと似ているようだが、IPフォンは自分のIPアドレスでしか使えない(つまり自宅などの固定した場所)でしか使えないのに対し、Skypeはインターネットに接続している場所ならどこでも使える。また、受話器がなくてもパソコン(スピーカー・マイクが必要)があればいつでも使える。またカメラがあればテレビ電話にもなる。

なかなか楽しい。その他にもいろいろな機能。ただし、セキュリティーに関してはどうなっているのかわからない。それぞれそれぞれが気をつけるしかない。ただ、それを言えばきりがない。メールだって誰に見られているかわからない(例えば職場のメールなら、ネットの管理者は見ようと思えば見ることができる。普通の携帯電話だって、国家権力がその気になればいくらでも盗聴できる。まあ、私の携帯を国家権力が盗聴するような価値はないから安心しているのだが)。

Skypeの詳細は http://www.skype.com

| メディア | 06:47 AM | comments (3) |
にほんブログ村 教育ブログへ
連珠
NHKの大河ドラマ「篤姫」の中で、主人公の篤姫と将軍の家定が五目並べをする場面が出てくる。将軍用だから側面に蒔絵の超豪華な碁盤を使っている。

まあ、いろいろ言いたいことはある。
そんな立派な碁盤で、五目並べかね。
それにしては、碁石はボロだったような。
閨房で五目並べなんかやっててどうする。他にすることあるだろう。←むかしはもっと書けたのだが、最近はこのへんがギリギリ(^^;

しかし、この五目並べはやってみると実に奥の深いゲームなのである。今では「連珠」という立派な名前がついている。現在のルールでは、先手が黒番で後手が白番。そのままやれば黒が圧倒的に有利なので、ハンディとして黒にはいくつかの禁じ手がある。三三、四四、長連(六目以上並ぶこと)などである。このルールがやや複雑だが、慣れれば何ということもない。

ただ、この時代はそれほど複雑なルールはなかったようだ。テレビを見ていると、「上様がお先に」とか言って、白に先に打たせたりもしている。ハンディもついていないようだ。もちろんこれでも十分に楽しめる。

この五目並べ、このテレビのドラマと同様、コミュニケーション(いつも「コミニュケーション」と書きそうになる)には実によいゲームである。対局していれば自然に会話が生まれる。正式には15路の盤を使うのだが、紙でつくってもよい。碁石は一組1000円くらいの囲碁用のプラスチック製で十分である。一組用意しておけば、1/4くらに分けて使える。教室や保健室に置いておくのはどうだろうか。

碁盤・碁石がなければ、紙と鉛筆があればできる。私たちが子どもの頃は、紙にマス目を書いてその上に鉛筆で白黒の丸を書いてゲームをしていた。教室の黒板を使うこともあった。

そう言えば、この連珠、高知時代の仲間だったHさんが強かった。一度手合わせをお願いしたのだが、まったく歯が立たなかった(音楽の指導でも歯がたたなかった)。私の不義理のせいでしばらく音信不通になっている。元気にしているだろうか。

| メディア | 08:30 PM | comments (3) |
にほんブログ村 教育ブログへ
CM
次のような文句の出てくるCMがある。

24時間ずっとサッカーのことを考えていたいです。今人生で一番大事なのは大事なのはサッカーって言い切れるし、もう生活を全部サッカーで埋めたいし、少しでもサッカーのことうまくなりたいし、サッカー以外のことはどうでもよくて、サッカーだけあれば十分です。(浦和レッズ・梅崎司、TCBTBCのCM)

とっても若者らしくていいなあと思う。「サッカー」を「音楽」に替えて・・・・
私が若い頃はこうは言えなかったなあ。よそ見ばかりして生きてきたような気がする。

ただ、このCMを流しているスポンサーには、この言葉はそぐわない。

| メディア | 07:41 AM | comments (3) |
にほんブログ村 教育ブログへ
久しぶり
少しインターネット環境の悪か生活ばしよったタイ。

| メディア | 08:29 AM | comments (0) |
にほんブログ村 教育ブログへ
携帯


池袋のビックカメラで携帯を買った。私はDocomoを使っていて、
今までMovaだったのをやっとFomaに変えたのだ。
二つ前の機種にしたら2700円ですんだ。

ただ、機能が複雑すぎて何が何かさっぱりわからない。
マニュアル読むのは面倒だ。
使いこなすまでには時間がかかりそうである。 

風邪はだいぶよくなった。
声も少しではじめた。

疲れがたまっているのかも知れない。でももうこうなったらぶっ倒れるまで突っ張るしかない。

| メディア | 06:59 AM | comments (0) |
にほんブログ村 教育ブログへ
EP盤


かおるちゃん、ジャジャジャジャン のレコードである。
EP盤、あるいはドーナツ盤と言う。1分間に45回転である。CD以前は、シングルはこの媒体で提供されていた。ただし、シングルと言っても、裏面にも1曲入っているので計2曲入っている。表をA面、裏をB面と呼んでいた。
大きな穴があいているのは、ジュークボックスで自動的にレコードを掛けたり取り替えたりしやくすくするためである。

| メディア | 06:47 AM | comments (0) |
にほんブログ村 教育ブログへ
Waterproof Disposal Bag


飛行機の座席ポケットに備えられている。中央の Waterproof Disposal Bag を直訳すれば、「耐水性汚物入れ」と言うことになる。この下には日本語で次のように書かれている。

「屑物入れやご気分の悪い時に、ご利用ください」

落ち着きが悪い。この違和感の正体は何だろう。どうも「や」の使い方にありそうだ。
「や」は並立助詞で同じ種類の言葉を並べて言う場合に使う。どの言葉を並べているのか。試してみる。

(1)「屑物入れ」「ご気分」
「屑物入れ」と「ご気分」を並べているとすると、「屑物入れ」は「の悪い時に」につながらなければならない。
「屑物入れの悪い時に、ご利用下さい」
これでは、意味が通じなくなる。「屑物入れやご気分」は成立しない。

(2)「屑物入れ」「ご気分の悪い時」
こうだとすれば、「屑物入れ」は「に」につながることになる。
「屑物入れに、ご利用下さい」
「ご気分の悪い時に、ご利用ください」
成立しているように見える。しかしそれでも、「や」を使うと違和感を感じる。何故か。

実は、格助詞「に」の用法が前者と後者では用法が異なっているのである。
「屑物入れに」と言う場合の「に」は方向を表す用法である。
「ご気分の悪い時に」の「に」は時を表す用法である。
つまり、「屑物入れに」という場合の「に」と「ご気分の悪い時に」の「に」を共用することは無理があるのである。それを無理に共用しているのが違和感の正体である。
一文で表そうとするなら、次のように書くべきなのである。

「屑物入れに、またご気分の悪い時に、ご利用下さい」

これで文法的にはおかしくないが、それでも何となく落ち着きが悪い。次のように文を分けてわかりやすく書いたほうが良い。

「この袋は防水加工されています。ご気分の悪い時にご利用ください。またくず物入れとしてもご利用ください」

Waterproof の意味がわかってこそ、安心して使えるのである。

この他にも、JALの機内には、おかしな日本語がたくさんある。
JALって本当に大丈夫JALか。

| メディア | 04:38 AM | comments (0) |
にほんブログ村 教育ブログへ

PAGE TOP ↑